予算計画をしっかりと | 理想の家に住める注文住宅〜憧れのマイホームを手に入れる〜

理想の家に住める注文住宅〜憧れのマイホームを手に入れる〜

予算計画をしっかりと

焦ってしてはいけないこと

新築一戸建て、夢のマイホームを手に入れようとするときに、何よりやってはいけないことは、プランニングや予算を立てるよりも先に、新築用の土地を購入してしまうことです。というのは、限られた予算の中で、土地を優先で話を進めてしまうと、希望している家の仕様をあきらめざるを得なくなる可能性が高くなります。 そうならないためにも、まずは家づくりについてしっかりと勉強して、家の新築にあたり、かけられる予算や住みたい家のイメージをできるだけ明確にしておくことが大切です。賢い家づくりのためには、資金計画をしっかりと立てておくことが重要です。 また、不動産会社は土地探しのエキスパートではありますが、建築や金融のプロではないので、その後にかかる諸経費や希望の家を実現するためにどれくらいの費用が掛かるのかまでアドバイスをくれるのは稀なことになります。賢く自分で判断するためにも、家づくりの全体像をつかむことを最重要視するのです。

周辺にとらわれすぎない

土地を先行して買って失敗してしまう、もう一つの理由に、実は家のプランニングに入ってから、想い描いていたような生活ができない土地であることに気づくことがあります。新築用の土地を購入するとなると、つい、周辺環境や立地条件ばかりを気にして探しがちです。もちろん、勤務先の沿線上で、最寄駅からも近く、商店街なども近くにあるということであれば、魅力的な立地条件であることは間違いありません。 また、新築の際に求めているものが、とにかく立地条件のいい家ということであれば問題はないですし、変形地や狭小地を選んだとしても工夫次第でデメリットを克服して理想の家を建てられることもあります。しかし、実際に生活するのは、土地の中ではなく家の中だということは忘れてはいけないのです。 家をつくるということは、家庭の関係をつくることでもあります、オリジナルの発想で自分たちにぴったりの新築を手に入れるのであれば、どんな住まいにしたいのかをみつめて、それを実現できる土地を選ぶようにすることが大切になります。